歯の色素沈着の原因と対策

歯の色素沈着の原因と対策

コーヒーやお茶には歯の色を黄ばませる原因となる物質が入っています。

 

この黄ばみは汚れた感じを与えますし、歯にも良くないんです。

 

なので、早目に歯科医師に相談してください。

 

◆歯の汚れの原因

歯の汚れの原因は、タバコなどが原因となるステインです。

 

喫煙者だけでなく、私たちの生活の色々な要因が原因になります。

 

その中でも有名なのは、コーヒーやお茶、ワインなどによる色素沈着。

 

このような食品を原因とした着色汚れは、タバコのヤニと一緒で普通にブラッシングしているだけでは、汚れを落とすことはできません。

 

それに見た目も悪くなります。

 

でも、それだけではないんです。

 

歯の着色汚れは、歯石が付きやすくなる原因になり、さらには口内の雑菌なども増やすことにつながります。

 

雑菌は虫歯や歯周病を引き起こすため、健康にも悪い影響を与えます。

 

このような色素沈着は、放っておいてもいいことはありませんので、放置せずに早目に歯科医に相談するようにしましょう。

歯科医での対策

コーヒーやお茶などによる着色汚れができた時には、歯科医でこの対策ができます。

 

その治療方法には、いくつかのステップがあります。

 

○ステップ1:超音波による歯石除去

着色汚れによる歯石を除去します。

 

○ステップ2」着色汚れの洗浄

原因となる色素を洗浄します。

 

○ステップ3:ホワイトニング

汚れが落ちてきれいになった歯を白くキレイにします。

 

このホワイトニング治療は、歯科医によって様々な方法があります。

 

光線を当てて白くする場合や、ホワイトニングジェルを使うもの、特殊なアパタイト液を使うものなどがあります。

歯の黄ばみが口臭の原因?

歯の黄ばみは見た目のイメージを悪くします。

 

でも、それ以外の問題に発展する危険性もあるんです。

 

それは「口臭」。

 

世の中には、歯が白くなくても、見た目だけだから、と軽く考えている人もいると思います。

 

でも、実は見た目の問題だけではないのです。

 

この汚れが非常に厄介な口臭の元となってしまうのです。

 

口臭の原因は歯周病や歯石が溜まって起き、その進行具合によって非常に強くなります。

 

歯の黄ばみは、この歯石の蓄積を進行しやすくしてしまいます。

 

なので、黄ばみを放置しておくと口臭を発生しやすい環境を作ってしまうのです。

 

口臭を防ぎたいなら、歯の黄ばみを無くして白い歯を維持する努力も必要です。

リンク集

眠気にいたっては、前日にしっかりと睡眠をとっておくか、栄養ドリンクを飲むといった対処をすれば乗り切ることも可能ですが、集中力への対応はなかなか難しいものがあります。

 

とくに、重要な報告やアイデアを出し合わなければいけない会議の場であれば「集中力が途切れたから別のことをしよう」という訳にはいきません。

 

そこで今回は、集中力を高める方法についてご紹介したいと思います。